高収入というと、具体的にどのくらいの年収を指すのでしょう?

 人によって基準はさまざまでしょうが、1000万円稼いでいれば、大抵の人なら高収入ですと自信を持っていえるのではないでしょうか。1000万円もらえるのは大手企業の部長クラスだ、なんていわれたりしますが、30歳でも大台に乗せられる会社もあります。就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が「30歳で年収1000万円が狙える企業」というリリースを発表したので、そんな「憧れ」の会社を見てみることにしましょう。

●やっぱり電通、博報堂は30歳で大台に

 同サイトに寄せられた社員口コミを元に集計。高収入企業の代表のように扱われることが多い電通、博報堂が当然のごとく(?)ラインナップ入りしています。新卒で入社し9年目の31歳の電通の男性によると、「給与が良いと巷では言われているが、その大部分が残業代によって構成されている。平均で50時間以上、多い月では120時間以上残業する月もある」とのことで、そうした苦労あっての高収入のようです。

 視聴率低迷がよく話題に上がるテレビ局ですが、給与は依然として高水準で、名前が挙がっているのは朝日放送、関西テレビ、テレビ朝日、日本テレビ、フジテレビ。「新卒で年収900万前後。20代中頃〜後半で1000万円前後。月収は普通だが、ボーナスが異様に高額。夏は手取りで120〜150万。冬は220〜250万。それに加えて春(4月)と秋(10月)にも、数十万が支払われる」(テレビ朝日)と、30歳どころか入社早々に1000万円に手が届くような金額を手にしているケースもあるようです。

 総合商社からも伊藤忠商事、住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事と超有名企業がずらり。「新卒8年目の総合職30歳:1100万円(税込)、新卒13年目の総合職:35歳1300万円(税込)、新卒18年目の総合職:40歳1600万円」(伊藤忠商事)と、30歳1000万円以降の具体的なステップアップもあらわになっています。

●外資系金融会社は1000万円どころか…

 その他、銀行、保険やメーカー、コンサルなど様々なジャンルから「30歳で1000万クラブ」入りしていますが、中でも目を引くのが外資系金融会社。ゴールドマン・サックスの30歳の社員は年収3000万オーバー。成果が大きく反映されるため、誰しもこの金額をもらえるわけではない(逆にもっと多いケースもある)でしょうが、夢のある世界ですね。

 30歳で1000万円という数字を連呼してきましたが、いったいどのくらい突出した金額なのでしょうか。国税庁が発表している民間給与実態調査結果の「年齢階層別の平均給与」によると、30〜34歳の平均給与は419万円(男性が469万円、女性が310万円)。1000万円はこの層の約2.5倍ですから、文句なく高収入といえるでしょう。

 収入がすべてではないにしても、やはりこれだけもらえるというのはうらやましい限り。中途採用の募集があれば、非常に狭き門になることは間違いないでしょう。


<参考サイト>
・「Vorkers」調査レポートVol.30 30歳で年収1000万円が狙える企業
http://www.vorkers.com/hatarakigai/vol_30
・国税庁ホームページ(民間給与実態調査結果)
https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2002/menu/03.htm