女性は、若ければ若いほどいいという時代は終わり、最近では40歳オーバーの女性に魅力を感じる男性も増えています。たとえばタレントで言うなら、井川遥さんや篠原涼子さん。アラフォー男性に好きな女性芸能人は?と聞けば、必ず上がる名前がこのふたり。また、20 代の若手男性タレントとの熱愛で話題になった人気急上昇中の女優・吉田羊さんも、年齢を明かしていませんが40代であることは公開しています。

 タレントでなくても、美人でなくても、40代でもモテる女性はたしかに存在します。今回は、そんな40歳を過ぎてもモテる一般女性を観察し、男性からの視点や意見も交えて調査。40代でも男性が夢中になる女性の特徴をご紹介します。

●モテる40代女性はココが違う! その4つの秘訣とは?

1・所帯じみていない
 誰もが認めるような美人でなくても、やはり「きれいにしている」という結果が見える女性は、40歳を過ぎても魅力的。家事や育児が忙しいから、責任のある仕事を任されオシャレどころではないから、と手を抜くと、それがまんま生活感としてあらわれてしまうのが40代の現実です。ファッションだけでなく、髪や爪や肌など、きちんと手入れがされている印象も大事。最近ではノーメイク派も増えていますが、どんなに顔立ちが良くても、楽をしている雰囲気が漂っている女性は恋愛対象にはなりにくいようです。

2・大人として成熟している
 いくら見た目が若くても、40代は40代。外見も内面も、実年齢とあまりにかけ離れている女性は、男性に避けられがちです。いつまでもチヤホヤされたい、注目されたい、という子どもっぽさを見せられると「それなら若い子でいい」と思ってしまうという厳しい男性のひとことも。時には一歩引いたり、余裕を感じさせる言動は、40歳オーバーならではの品格かもしれません。年下男性から見ると、年齢に抗うのではなく、年齢にふさわしい振る舞いができる大人の女性に憧れを持つのだそう。

3・柔軟で、好奇心がある
 男性がひとりよがりに年だけ取ると「頑固ジジイ」などと言われてしまいますが、それは女性にとっても同じこと。女性の場合、どんどん保守的になり、「自分はもうババアなので…」と頑なになる傾向が。しかし、おもしろそうなことや新しいことにも挑戦し、若い人や男性の意見にも耳を貸す。そんなしなやかさを40歳を越えても持ち続けられる女性は、若々しく見えモテるようです。年齢を重ねても、楽しい時間や経験を共有できるかどうかというポイントを、男性は重要視しています。

4・「可愛げ」がある
 少し前まではサバサバしたアネゴ的な40代女性が人気でしたが、公私共々に男性に負けず劣らず強くたくましい女性が増えてきた結果、「可愛らしさ」があるかどうかが、モテるかモテないかの境界線になってきているよう。たとえキャリアを積んで知識や経験が豊富でも、「偉そうだったり、斜に構えた態度の女性は、こわいオバサンにしか見えない」と恋愛対象外に。男性がモテると指摘したのは、純粋さ、素直さ、恥じらいがある、など、いくつになっても可愛らしさが残っている女性でした。

 年齢によって、モテるポイントは徐々に変化していくもの。40代女性の場合は、見た目と内面、その両方が同等に求められているようです。「若くてきれい」なことが最優先される20代の頃と比べると、ハードルは高め。40代でもモテる、それは日々のたゆまぬ努力のたまものなのかもしれません。