関西広域連合の会合が滋賀県大津市で開かれ、オール関西で「大阪万博」誘致を国に積極的に求めていくことを決めました。

会合で、大阪府の松井知事は、大阪湾の夢洲で2025年に開催を検討している「人類の健康・長寿への挑戦」をテーマにした万博のプランを説明し、協力を要請しました。広域連合は、「関西全域に大きな経済効果をもたらす」などとして、国に積極的に誘致を働きかけていくことを決定しました。兵庫県の井戸知事は、「55年ぶり、ゴーゴーといけるように、しっかり頑張っていきたいと思います」と話し、松井知事は、「この決議に全面的に賛成してやろうと言っていただいたのは非常にうれしいし、有難いです」と話しました。大阪府は、この秋に万博の基本構想案をまとめ、国に提出する方針です。