兵庫県赤穂市の山陽自動車道で22日、正午前、車4台が絡む事故があり、1人が死亡しました。

午前11時50分ごろ、赤穂市の山陽自動車道・上り線で、追い越し車線を走っていた乗用車が走行車線を越えて左側のガードレールに衝突。そこに後ろから来た乗用車が衝突し、さらに、急停車したトラックに後続の軽自動車が追突しました。この事故で、最初に衝突した乗用車を運転していた30歳の男性が死亡。他の車に乗っていた4人が軽傷です。警察が身元の特定を急ぐとともに事故の原因を調べています。