電車の初乗り切符で大阪と三重の間を往復し、運賃を免れたとして59歳の無職の男が逮捕されました。男は7年間、毎日のように不正乗車を繰り返したということです。

電子計算機使用詐欺などの疑いで逮捕されたのは、大阪市東住吉区の無職・下村聖一容疑者(59)です。下村容疑者は先月、近鉄電車の150円の乗車券を購入し、大阪の「矢田駅」から三重県の「名張駅」まで乗車。その後、「名張駅」の改札を通らずに「矢田駅」の隣の「針中野駅」まで戻り、乗り越し運賃1990円を支払わなかった疑いがもたれています。下村容疑者は一番安い切符を購入し、あらゆる駅で降りては駅員に対し、「駅が汚れている」などのクレームをつけていたということです。警察の調べに対し下村容疑者は、「やることも金もないが、150円で1日過ごせる。クレームを言うのが楽しかった」と容疑を認めているということです。下村容疑者は7年間、ほぼ毎日、不正乗車を繰り返したとみられ、これまでに支払いを免れた運賃は、およそ40万円にのぼるということです。