神戸市のJR三ノ宮駅前で車が暴走して5人が重軽傷を負った事故で、車を運転していた男が、事故の前の月の免許更新の際、健康状態についてうその回答をしていたとして追送検されました。

無職の沢井国一被告(63)は、今年5月、神戸市のJR三ノ宮駅の北側で歩行者5人をはね、重軽傷を負わせた危険運転致傷の罪に問われています。警察によると沢井被告は、事故を起こす前の4月に免許を更新した際、過去5年以内に病気で意識を失った経験があるかを問う質問に対し、「いいえ」と回答しました。実際は去年8月にも、てんかんの発作で意識を失い、事故を起こしていて、警察は、これが道路交通法違反(質問票虚偽記載)に当たるとして23日、沢井被告を追送検しました。沢井被告は、「8月の事故の時は、居眠りをしていた」と容疑を否認しています。