兵庫県明石市の議会事務局が政務活動費に関する情報公開請求をした報道機関の名前などを市議会の全会派に伝えていたことがわかりました。

明石市議会の事務局によりますと今年5月にあった市民団体からの情報公開請求について市議会の全会派に対し、会議や口頭で請求書のコピーを配るなどして団体名や請求内容などの情報を報告していました。その後、新聞社やテレビ局が相次いで公開請求した際は記者の個人名まで報告した例もあったということです。明石市ではこれまで政務活動費以外の請求に関する情報も会派に報告していました。明石市議会の藤本一彦議会事務局長は、「(請求情報の報告で)情報を共有しているということ」「請求者の情報については慎重に扱うべきだった」とコメントしました。一方で、議会事務局は会派側から公開請求に関する情報を求められたことはないとしています。