兵庫県高砂市にある警察の宿舎の駐車場で、顔や頭に打撲の痕がある3歳の男の子が保護され、救急搬送されました。

13日午前9時ごろ、高砂市にある兵庫県警の宿舎の駐車場から、「孫の頭と顔が腫れている」と119番通報がありました。消防が駆けつけると、現場には顔や頭に打撲の痕がある3歳の男の子を抱きかかえた祖母がいて、男の子のけがの程度が重かったため、ドクターヘリで病院へ救急搬送されました。消防によりますと、男の子はかなりやせていて「低栄養状態」だったとみられていますが、命に別状はないということです。警察は事件の可能性もあるとみて捜査する方針です。