来月の節分を前に、滋賀県の和菓子メーカーで、縁起物の「富久豆」づくりが進んでいます。

「節分に、けがれをはらい、福を招く」とされる豆菓子と、お多福のお面がセットになった富久豆は、近江八幡市の老舗「たねや」の季節限定の和菓子です。職人たちが片栗粉と砂糖を練り合わせて作ったお多福の面に、1つずつ手作業で目や髪などを描き、ふっくらとした笑顔に仕上げていきます。素朴な味わいが人気の「富久豆」は、来月3日の節分まで、全国の「たねや」各店で5600個を販売します。