ノーベル文学賞を受賞するか注目された作家・村上春樹さんだったが、2016年も受賞にはならなかった。『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、ノーベル文学賞発表の様子を鳩森八幡神社から生中継。村上春樹さんが好きなカキフライを持参し、発表を見守った。

 今回、ノーベル文学賞を受賞したのは、名曲「風に吹かれて」「ライク・ア・ローリング・ストーン」などで知られる米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(75)。ノーベル文学賞初の歌手が受賞となった。 


 村上春樹さんのノーベル文学賞受賞にはならなかったが、ハルキスト(村上さんのファン)たちの「聖地」とされる東京・千駄ヶ谷の鳩森八幡神社には多くの人が駆けつけ、人だかりを見せていた。千駄ヶ谷は村上さんが1974年に国分寺で開店したジャズ喫茶「ピーターキャット」を移転させた地(移転は1977年)。村上さん自身が「一番好きな場所」と公言している。

 今回、イベントを主催した岡崎さんは『原宿アベニュー』木曜コメンテーターであるロンドンブーツ1号2号の田村亮からカキフライをもらうと「毎年村上春樹さんにノーベル文学賞を受賞してもらいたくてやっています。受賞しなかったら『あ、また来年もイベントできるな』って(笑)。人の縁に助けられて、こういう場を設けさせていただいています」と語った。

 『原宿アベニュー』放送中にVTRでも出演し、千駄ヶ谷で書店を経営する斉藤祐さんもこの神社のイベントに参加していた。テレビ朝日アナウンサーの森葉子が斉藤さんに「今年の盛り上がりはどうですか?」と聞くと「一番いいんじゃないですかね」とコメント。森から勧められたカキフライを食した。


 しかし、鳩森八幡神社にあるモニターが固まってしまった関係で、会場では肝心の受賞結果が分からない事態に。神社に集まっていた人たちよりも先に結果を知ってしまうと、田村、森、木曜キャストのベックは岡崎さんと素早くその場を離れた。

 森アナが「はい、今年のノーベル文学賞受賞はボブ・ディランさんということで……鳩森八幡神社ではこれから発表がありますので!」と仕切り直すと、田村も「向こう(に集まっている人)よりも先にリアクションしちゃうとね」とここは大人の対応。

 岡崎さんは「村上春樹さんの作品は純文学じゃないので難しいのかも、とは思っていました。ボブ・ディランさんは意外ですね」とコメントした。


 また、村上春樹さんの作品では、作中でボブ・ディランの音楽が登場することもあり、自身もボブ・ディランが好きだとファンの間で言われている。その後、鳩森八幡神社では、千駄ヶ谷大通り商店街の牛久保英昭理事長が壇上で挨拶。ハルキストたちが一斉にクラッカーを鳴らし、来年のノーベル文学賞への決意を新たにした。


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中


©AbemaTV