14日、AbemaTV『もし相方がいなくなったら タカオアトシ』の第2回が放送された。この番組は、もし相方がいなくなったら?をテーマに、タカ(40)、トシ(40)がコンビではなくピンでのロケに挑戦し、色々なスキルを身に着けていく主旨。企画ごとにデッドオアアライブのくじを引き、デッドとなった方が“幽霊”として相方を見守る。

 今回は進行役に麒麟・川島明(37)を迎え、ガングロギャル3人とふれあいロケ。川島は「トークを回すことも芸人には大切」「司会ができれば怖いものなし」とハッパをかけ、番組終盤ではガングロギャルと冴えない男性との合コンをセッティング。くじの結果、このコーナーはトシが担当することに。

 男性陣の自己紹介を聞いたトシはオネエ疑惑の男性が混ざっていることに気づき、「(全員をカップル成立させるの)無理だろ」と絶望的な表情。それでも的確にツッコミを入れながら、「第一印象で好きな人を指刺そう」「席替えをしましょう」「ゲームをしよう」などと、順調にトークを回していった。

 しかしギャルが男性の一人に「あーん」をすると、“幽霊”として存在を消しているはずのタカが、お気に入りのギャルのフォークを奪い取ってべっとり舐めたり、抱きつこうとしたりとすっかりエロオヤジ化。

 ハプニングがありつつも、大盛り上がりで合コンは終了。トシの手腕で奇跡的にカップル1組を成立させ、大団円の中で幕を閉じた。?


©?AbemaTV