10月12日(水)に『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』がAbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで生放送された。『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』は、番組メインキャストである、お笑い芸人・FUJIWARAの藤本敏史が、万が一不祥事を起こして藤本が芸能界から干されてしまっても後悔しないように、ゲストが藤本とやっておきたい「10コのこと」をリクエストする、とにかくゲストが藤本と楽しむ番組。

 放送2回目となる今回のMCはお笑い芸人・デニスの植野行雄と松下宣夫。ゲストとして、アンガールズの山根良顕と田中卓志が登場した。山根による「フジモンとアプリで写真を撮りたい」というリクエストでは、今話題のアプリ「SNOW」で、藤本が山根と顔交換に挑戦するも、顔のサイズが合わずなかなかうまく交換されない結果に。

 試行錯誤していると、藤本の後ろにいた植野の顔と交換され、植野の顔になった藤本は「意外にイケメン」「かっこいいやん、なんで勝手に入れ替わってんねん! 山根のリクエストやろ!」と笑いを誘った。

 続いて、彼女募集中のアンガールズ田中から「フジモンに恋愛相談がしたい」とリクエストされると、藤本は「こんなに『きもちわるい』レッテル張られているとやっぱり体裁を気にしてどうしても付き合いたいと思う女子が出てこない」と話し、「芸能人というものをなくし、“田中”個人で勝負しろや!」と熱弁。田中は「同じ子に3回告白して振られたことがある」と明かし、本気で彼女作りに悩んでいる様子だった。


 藤本が妻である木下優樹菜への告白について植野に尋ねられると、藤本は「誕生日に『誕生日おめでとう』という横断幕を作って、当時優樹菜が住んでいるマンションの前に川があるので、そこの鉄柵に横断幕をかけて、彼女に『外見て』と電話した」と当時の状況を話した。

 これに視聴者から「すごいロマンティック」などのコメントが殺到。「これは1回振られてからやった。1回振られたし、何回恥かくのも一緒やと思った」と藤本流の恋愛論を語った。


 続けて藤本は、優樹菜と付き合っていた頃を振り返り「例えばだけど、クリーム入りのスティックパンを渡すときに中に入っているクリームがすぐ食べられるように一口かじってから渡したら、優樹菜が『ちょ〜カインドなんだけど!』と言われた」とラブラブエピソードを語ると田中は「優しい!そこまでするのか」と感心していた。


©AbemaTV

『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』は毎週水曜AbemaSPECIALチャンネルで夜11時〜深夜1時に放送中!