13日、渋谷のパーティーロッカーことあっくん(29)と雑誌「S cawaii!」などで活躍するモデル・鈴木あや(26)がMCを務める『#SHIBUYameba』が放送された。今回はゲストにタレントの原幹恵(29)を招き、まずは原の案内でNY発のキューバンレストラン「カフェ ハバナ トウキョウ」を訪問。ここであっくんと鈴木は、芸歴13年という原から“芸能界で生き残るための秘訣”をランキング形式で聞き出すことに成功した。

 第3位は「ある意味鈍感でいること」。人づてやネットで自分に関する悪い噂を聞くとつい気になってしまうが、それではこの世界で生きていけないと言い、流す力も必要だと力説。加えて、「どこでも寝られることが大切。敏感だと音とか気になっちゃって寝られないから」と体力温存の面でも鈍感力の大切さを語った。


 第2位は「見極め力」。原は、「さまざまな人がいる業界だからこそ、その人の人柄を見極めるべき」と力説した。誰のことでもすぐ信じてしまうという鈴木は「わたし、見極め力ゼロ」と苦笑い。原に「でも、それがあやちゃんのいいところだから」とフォローされていた。


 第1位は「人と人とのつながり」。原は最近、“コミュニケーション社交辞令”の大切さに気付いたと語り、昔は「今度ごはん行きましょう」といった会話が大嫌いだったが、たとえ実際にイベントが発生しなくても、コミュニケーションの一つと思って楽しむ心が必要と熱弁した。 自称“芸能界初心者”のあっくんと鈴木は、「楽屋のお弁当を残すのは失礼に当たらないか、とかもわからない」と悩みを明かしながら、原の答え一つ一つに納得の表情を浮かべていた。?


©?AbemaTV


『#SHIBUYAbema』は毎週木曜日 22:00〜23:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中