乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央が、18日、抗がん剤治療で抜けていた眉毛やまつ毛が生え始めたことを明かした。

小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」より


 真央はブログにて「完全に抜けていた眉毛やまつ毛が一ヶ月経たずに、生え始め、形になりました」と報告。「眉毛は、顔の「元気度」に大切な部分だと再確認しました。看護師さん曰く、眉毛を描くと自信がつくという患者さんが多いそうです。まつ毛は、全くないと、ホコリがそのまま入ってしまって、目が過敏になります。かゆくてかゆくて。小さな毛の大きな役割に脱帽です。」と、眉毛とまつ毛の復活への喜びを語った。


 同じ経験をした読者からのコメントも多く、「私も抗がん剤で全身の毛がなくなりましたが、ホント一つ一つ意味があるのだと実感しました。その分少しずつ生えてきた時は、その生命力に愛しさを覚えました。」「小さな毛が生えはじめた時、生命力の素晴しさ感じましたし、ほんとうに気持ちに光が差しました。頑張ってる自分の細胞ひとつひとつに感謝です。」など、共感する声が相次いでいる。