19日放送のAbemaTV『芸能(秘)チャンネル』に、タレントの麻木久仁子(53)が出演。麻木といえばクイズ番組で実力が高いことで知られることから、この日、番組でも出演者が問題を持ち寄り、麻木とクイズ合戦を繰り広げた。

 漢検準一級だという麻木の出題は、まず「漢字で、海に豚と書いて『イルカ』と読みますが、海に狸と書いてなんと読む?」というもの。番組MCの南圭介(31)らが「ラッコ」「アザラシ」などと回答するがいずれも外れ。正解は『ビーバー』で、「ちなみにアザラシは海に豹」とも。


 さすがの難問をぶつけてくる麻木の2問目は、「1972年、日中国交正常化に際し、中国から贈られたジャイアントパンダの返礼として日本から贈られた動物は、ニホンカモシカと何?」。


 この世界は「ペンギン」で、麻木によれば、ペンギンの飼育数は日本が世界一。世界で飼育されているペンギンの4分の1は日本にいるといい、「中国ではそれまであまりペンギンを飼ったことがなくて、日本も初めてのパンダ飼育ということで、お互いに教えあって」 と解説した。


 ところで、漢字や雑学に詳しい麻木だが、英検は4級。「ITは何の略?」という設問に、苦笑いを浮かべながら「インターネット・テクノロジー」と回答し、番組コメント欄にも「麻木さんが知らないなんて!」と驚きの声があがった。なお、「IT」は「インフォメーション・テクノロジー」の略。


(c)AbemaTV


『芸能(秘 )チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送