12日、AbemaTVのトーク番組『アベマショーゴ 〜キテる人フカボリSHOW』に、芸人、絵本作家などさまざまな顔を持つ、キングコング・西野亮廣(36)がゲスト出演。「今一番面白いと思う人は」という話題で、ホームレスの小谷真理(33)を絶賛した。

 西野は「小谷は芸人だったんですが、ブレイクしなくて。僕が『お前ホームレスになれよ』って言ったら、本当になっちゃった」となれそめを披露。「あいつは自分の1日を50円で売っています。庭の草むしりでも、鬼ごっこのメンツ合わせでも、世界のどこでもいくんです。そこで依頼者からごはんをごちそうになったりする」「鬼ごっこの時は、依頼人の女の子とその次の日に入籍しちゃった」と伝説を語った。


 「小谷は金がないので、結婚式の費用は、クラウドファインディングで募ったんですね。そうしたら2週間で250万円集まった。支援したのは、これまで小谷を50円で呼んだ人たちばかりです。つまり小谷は、お金持ちではないけど“信用持ち”なんです。お金稼ぎじゃなく、信用稼ぎで生きていこうとしてるんです」と紹介。

 MCのダイノジ・大谷ノブ彦(44)も小谷と親交があるといい、「結婚式の費用が余った小谷は、当時台風の被害に見舞われていたフィリピンを支援するため海を渡り、現地の人に直接、何が必要か聞いたんです。そうしたら、食べ物は足りているからお祭りをしてほしいって言われて。現地の人が担ぐみこしの上で、ガッツポーズしてましたね」と小谷の破天荒なエピソードを披露した。


 西野が「小谷は3年間ホームレスをしていて、30キロ太った」と明かせば、大谷も「あいつホームレスのくせに、寿司をおごられすぎて痛風なんですよ」と大笑い。それだけ小谷は信用を稼いで生きているのだといい、「小谷は家族が何千人もいるようなもの。本当に面白い」「(小谷は)トークをさせると、語彙が3つくらいしかないので、全然ダメなんですけどね」と、斬新な人生を送る後輩から刺激を受けている様子を見せた。


(c)AbemaTV