和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは21日、飼育する動物を連れて同町中の特別養護老人ホーム「百々千園」を訪問した。動物と触れ合った約60人のお年寄りは、癒やされた様子で笑顔を浮かべた。

 敬老の日にちなみ、アドベンチャーワールドは「ふれあい宅配便」として毎年、町内の老人福祉施設を慰問している。今年はコツメカワウソ、リスザル、オニオオハシ、ウサギ、モルモット、イヌの6種類9匹を連れて訪問した。

 動物たちがホールに入ってくると、待っていたお年寄りから「わーかわいい」「よう来てくれたよ」と声が上がった。なでたり抱っこしたりするお年寄りもいた。利用者の森君子さん(88)は「犬やウサギは飼っていたことがあるので、昔を思い出してかわいらしかった」と話した。