和歌山県みなべ町山内の千里の浜では今シーズン、アカウミガメの上陸が252回、産卵が122回確認され、共に昨年(上陸176回、産卵82回)を上回った。

 千里の浜では、NPO日本ウミガメ協議会と地元のみなべウミガメ研究班(尾田賢治会長)、青年クラブみなべ(久保隆治会長)が調査・保護活動に取り組んでいる。

 同協議会の資料によると、上陸期間は5月18日〜8月9日。6月9日までは上陸、産卵のない日があったが、6月10日〜8月4日は毎日上陸を確認した。上陸が最も多かったのは6月29日の10回、産卵が最も多かったのは7月10日の6回だった。

 この10年間の上陸数をみると、2007年が最も少ない159回で、昨年はそれに次いで少ない176回。今年の252回は昨年を上回ったが、3番目に少ない数となっている。最も多い年は12年の728回だった。