和歌山県上富田町下鮎川の庄下義三さん(82)宅の玄関先で、ハギ(マメ科)の花が咲いている。ピンク色の小さな花に、ミツバチの姿が見え隠れしている。

 1970年に友人からもらい受けた。毎年6月と9月に、ピンク色や白色の花が咲く。今年は6月に咲かず、3月のひょうが原因ではないかと庄下さんは推測する。木の高さは約6メートルあり、枝が垂れ下がっている。

 庄下さんは「今年は枝も張ってよく咲いた。近所の人も毎年、見に来てくれる」と話している。来月初旬まで楽しめそうという。