和歌山県白浜町の京都大学白浜水族館は、南方系で陸生のミナミオカガニ(雄)の展示を始めた。沖縄県の八重山諸島より南のマングローブ林や海岸近くの砂泥地にすんでいることが多く、本州で見つかるのは珍しいという。

 甲幅は約7センチで、二つのはさみを広げると25センチほどある。陸生ガニの中では大きい種類という。白浜町綱不知に住む真鍋政次さんが9月下旬、自宅の庭で見つけ、その後、水族館へ持ち込んだ。

 水族館の飼育担当者は「幼生は海で育つため、黒潮に乗って運ばれてくることがまれにある。生まれてから数年を白浜で越冬して成長したと思われる貴重な例ではないか」と話している。