和歌山県みなべ町西岩代で9日、今年県無形民俗文化財に指定された「西岩代の獅子舞」が指定後初めて、秋祭りで奉納された。

 西岩代の獅子舞は「古来の獅子舞の姿を取り戻そう」と2010年、地域の若者が中心となって伝承会を発足。古老に話を聞きながら、50年間途絶えていた「汐汲みの舞」を復活させるなどし、12年に町の無形民俗文化財、今年3月に県無形民俗文化財に指定された。日高郡内に分布する型の獅子舞の南限とされている。