すさみ町観光協会(和歌山県)は15日から「いせえび味覚まつり」を町内で展開する。JR周参見駅では、漁などを紹介する「いせえび博物館」が始まっている。入場は無料。

 博物館はエビとカニの水族館(すさみ町江住)が協力。「エビをゆでると赤くなるのはなぜか」といったうんちくを紹介したり、漁で使う網を展示したりしている。

 味覚まつりは来年2月28日まで。町内の民宿やホテルに事前予約すれば、宿泊の際に伊勢エビを使った料理が楽しめる。一部では昼食や夕食で味わえるという。2人以上での利用が条件。このほか、鮮魚などを扱う店舗で伊勢エビを購入することもできるとしている。

 問い合わせは町観光協会(0739・34・3200)へ。