和歌山県みなべ町と新潟県南魚沼市は18日、「紀州みなべの南高梅と南魚沼産コシヒカリによる日本の食文化推進連携協定」を結んだ。両市町は協力して、特産である梅と米の普及促進に努める。

 南魚沼市は2013年10月に「南魚沼産コシヒカリの普及促進に関する条例」を、みなべ町は14年10月に「みなべ町紀州南高梅使用のおにぎり及び梅干しの普及に関する条例」を制定。同町の条例制定を知った同市から一緒に消費宣伝活動に取り組もうと提案があった。15年2月には、南魚沼産コシヒカリとみなべ町産の南高梅の梅干しを使い、同時におにぎりを作った最多人数に挑戦。ギネス世界記録(当時)を達成した。15年度からは、同町の岩代小学校と、同市の第二上田小学校の児童の交流も始まった。

 協定では「紀州みなべの南高梅と、南魚沼産コシヒカリというそれぞれの地域が誇る特産品の普及促進に努め、おいしいごはんと梅干しという食材の良さを存分に生かす、日本の伝統的な食文化の推進のため相互に連携すること」をうたう。