和歌山県串本町樫野の樫野埼灯台周辺で、町の花に指定されているスイセンが咲いている。かれんな花が潮風に揺れ、辺りに甘い香りを漂わせている。

 スイセンは、日本初の石造り灯台として1870年に完成した樫野埼灯台を建設したイギリス人技師、リチャード・ヘンリー・ブラントンがふるさとを懐かしんで植えたとされる。

 町がボランティアの協力を得て、1987〜2004年に約12万本を植えて増やしたが、その後、株が密集して昔ほど花があまり咲かなくなっていたことから、本年度から4年間かけ、植え替え作業をしている。

 町産業課によると、年末にちらほらと咲き始め、現在五分咲き。1月いっぱい見られそうだという。