国内有数の生マグロの水揚げ基地で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に13日、重さ307キロのクロマグロが水揚げされた。今年最大のサイズ。勝浦地方卸売市場で約345万円(税込み)で競り落とされた。

 宮崎市のマグロはえ縄漁船「68号仁庄丸」(19トン)が10日午後11時55分、紀伊半島沖約320キロで捕獲。全長2・35メートルだった。

 仁庄丸の甲斐丈昌漁労長(55)は「あまりにも重いのでサメかと思った。今年初の漁なので、幸先がいい」と話していた。

 この日は重さ223キロのクロマグロも水揚げされ、約325万円(税込み)で落札された。