14日から15日にかけて、西日本上空に氷点下30度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込み。今季一番の冷え込みで、和歌山地方気象台は、県南部の平野部でも積雪や凍結に注意するように呼び掛けている。

 気象台によると、県南部での降雪は15日午前0時までの24時間で3センチ、山間部では20センチと予想している。ピークは14日夜遅くから15日未明にかけて。さらに15日昼から夕方にかけても降雪の可能性がある。

 風も海上を中心に強くなるとみられ、最大風速は海上18メートル、陸上13メートルと予想。風に伴い波も高くなり、3メートル後4メートルとみている。