九州大学生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授や西山正章助教、片山雄太研究員、理化学研究所・脳科学総合研究センターの内匠透チームリーダー、藤田保健衛生大学総合医科学研究所・システム医科学研究部門の宮川剛教授、昌子浩孝研究員らの研究グループは、人の自閉症患者によく見られる遺伝子変異をマウスに起こし、ヒトの自閉症とよく似た症状を発症するマウスの作製に成功したと、2016年9月8日、英科学誌「Nature」オンライン版で発表した。

自閉症は、コミュニケーション能力の障害や感情的な交流の困難さ、無関心、特定の行動を繰り返すといった症状がよく知られている発達障害のひとつ。近年の国内統計では、全人口の2%(約50人に1人)が自閉症であるとされている。

原因として、胎児期の神経発達障害が示唆されていたが、具体的な発症メカニズムはわかっておらず、根本的な治療法なども確立されていない。

研究グループは、近年実施された自閉症患者を対象とした、大規模な遺伝子変異調査の結果、「CHD8」という、DNAの転写や発現をコントロールするタンパク質の遺伝子変異が、ほとんどの自閉症患者に確認されたことから、自閉症の有力な原因候補遺伝子として調査、解析を続けていた。

今回の実験では、2つあるCHD8遺伝子のうち、ひとつだけに変異を起こさせ、CHD8の量が少ないマウスを作成したところ、他のマウスとのコミュニケーションを取る時間が短い、特定の行為に固執する傾向を見せる、といった人の自閉症で観察される症状を見せるようになった。

詳しく調べたところ、自閉症マウスは胚の段階(受精し体の各器官が母体内で形成されている段階)で、神経発達に障害が起きていたという。

さらに、遺伝子の解析を進めたところ、CHD8の量が減少すると「REST」という神経発達に重要なたんぱく質が過剰に活性化され、その結果、神経の発達遅延を引き起こしていることもわかった。

研究グループは、CHD8の量を人為的に上昇させるか、過剰に活性かしているRESTを抑えるか、いずれかの手法で自閉症を治療できる可能性があるとコメントしている。

参考論文
CHD8 haploinsufficiency results in autistic-like phenotypes in mice.
DOI: 10.1038/nature19357 PMID: 27602517

(Aging Style)