■「初対面で絶対にやってはいけないこと」とは?
まず、初対面の人に会ったとき、絶対にやってはいけないことをおさえておきましょう。あなたの好感度が下がる行為、それは「相手をマイナス評価する」ということです。

「ちょっと太りすぎだな」「髪型が古くさい」「洋服のセンスがイマイチ」というように、パッと見ただけで相手をマイナス評価するのは絶対にNGです。

「口に出して言わなければ失礼ではないのでは?」「最初が肝心。厳しくチェックしたほうがいいのでは?」と思うかもしれませんが、これはあなた自身のためにもよくないことだと思ってください。

なぜなら、人の心は合わせ鏡のようなもの。つまり、あなたが相手をマイナスに感じていれば、必ずといっていいほど相手もあなたのことをマイナスに思っているものです。

先ほどの例でいえば、「痩せてトリガラみたいだな」「気合いの入りすぎたヘアスタイルだな」「オシャレすぎてこちらが気後れするな」というように、相手の気になった部分はあなたへのマイナス評価にもつながることになりかねないのです。

■1.相手をマイナス評価することに意味がないことに気づくこと!
そもそも、多くの女性は年齢や経験を重ねると、ただでさえ辛口になりがち。相手を見る目も自然と厳しくなっていくものです。

「あそこが気にいらない」「ああいうところが私には合わない」というように、相手のことをマイナス査定していくことがとても上手になりますが、ちょっと考えてみてください。そうやって相手をマイナス評価してみたところで、あなたにとって何か得られることはありますか?

せっかくの新しい出会いなのに、「どうせこの人もダメだろう」とマイナス評価をすることで、自分の手でチャンスをつぶしてしまっていることになるのです。

初対面のときの思い込みや先入観ほど、アテにならないものはありません。マイナス評価をするのは、あなたにとってなんの得もないだけでなく、あなたの好感度を下げる要因にもなる行為だといえます。

それでは、マイナス評価をやめた後、今度はあなたの好感度を上げるにはどうしたらいいでしょうか? じつは、それはとってもシンプルな方法なのです。

■2.「この人って、どんな人?」と好奇心を持つこと!
あなたの第一印象の好感度を上げるのは、じつはとても簡単なこと。なぜなら、「相手をマイナス評価するのをやめること」の反対をすればいいだけのことだからです。

マイナスの反対はプラス。つまり、あなたの好感度を上げるには、「相手をプラス評価すること」になります。

ただし、いきなり会ったばかりの相手をプラス評価するのは難易度が高いでしょう。そこで、まずは「この人って、どんな人なんだろう? もっと知りたいな」という気持ちを持ってみるようにします。「もしかして、私のパートナーになるかもしれない」という姿勢で相手に接するようにします。

すると、会話をするときも相手への好奇心があふれているように見えるため、自然と瞳がキラキラ輝きを放つようになります。キラキラした目で楽しそうに自分と話してくれる相手には、好感度を抱くのは当然のこと。相手の男性は、あなたのことを「とても良い感じの女性だな」と思うわけです。

■3.「Yes But」方式だと、好感度は確実に上がる!
肝心なのは、すぐに相手のジャッジをせずに、まずはひとつだけでも、いいところを探してみることです。

その際、「Yes But」方式が有効です。「Yes But」方式というのは、「たしかに○○だ。でも△△でもある」というふうな考え方をすることです。

たとえば、「ちょっと太りすぎだな」ではなく、「たしかにちょっと太っている。でも、それがかえってこの人を大らかに見せている。もしかして、ものすごく包容力のある人なのでは?」というように、結果的にプラスの方向に考えてみます。

同じように、「髪型が古くさい」ではなく、「たしかに髪型は古くさい。でも、話の内容はとっても面白くて私とフィーリングが合うみたい」、「洋服のセンスがイマイチ」ではなく、「たしかに洋服のセンスはイマイチだけれど、金銭感覚が私と似ている。見た目のことは変えられるけれど、金銭感覚は変わらないのだから、気が合うほうを優先したほうがいいかも」と考えれば、相手のいいところを無理なく、そしてリアルに見つけられると思いませんか?

そんなふうに、相手のいいところを探すつもりで接していると、あなたの前向きな姿勢や態度、笑顔は必ず相手に伝わるので、結論として確実にあなたの好感度は上がっていくでしょう。

もしも、恋愛関係にはいたらなかったとしても、出会いは出会い。

あなたのことを「素敵な印象の人だったな。機会があったら、また会いたいな」と思う男性が増えるのはとってもハッピーなことだと思いませんか?

幸せそうにしている人には、必ず本物の幸せが引き寄せられてきます。ぜひ、初対面の相手のいいところ探しをはじめてみてください!

植草 美幸