セルフィー以外でも、楽しい動画はたくさん。ちょっと暮らしに役立つ情報だったり、あるいはかわいい犬猫の動画など…。最近は、何か知りたい、楽しいものが見たい、思い立ったらまず動画、な女子も増加中。

“女子に役立つ情報”に的を絞った動画系キュレーションマガジンが増えてきたことも、盛り上がりの理由の一つ。

「今の女子は、短い時間で概要をサッと把握したい。動く画像と音で構成される動画は、情報量がとても多いので、短い時間でも物事の概要は十分伝わります。さらに、動画だと説明できることの幅が広いので、ハウツーとの相性が抜群。なので、女の子が知りたい、そして発信したい豆知識を披露&見るのに、動画はぴったりなんです」(「C Channel」ブランドマネージャー・やまざきひとみさん)

キュレーションマガジンが発信する“女子に役立つ情報”は、いずれも1分以内の短さでも情報量はとても豊富!

「『C Channel』では、最初はモデルやインスタグラムのインフルエンサー的女子に、情報発信をする“クリッパー”になってもらったのですが、ユーザーも動画を投稿できる機能をつけたところ、続々と投稿が! おもしろい情報を発信している子の中から、積極的に公式クリッパーになってもらおうと思っています。実際大人気になった子もいるんですよ」

セルフィーだけでなく、“使えて楽しい動画”をアップすることで、人気者になれるチャンスがあるかも?! やまざきさんにライフスタイル系動画ジェニックになるためのコツを教えて頂きました。

□フォロワーが興味のある情報を選ぶ。
□サービス精神を持って撮影!
□“私だけしかやってない”How Toは、意外と人気。
□作り込みすぎは×。ラフなほうが良し。
□料理、ヘア、メイク、DIY、ペットから!

「自分のフォロワーさんが知りたいと思っていることを動画にしてみると、みんなからの支持が集まりやすいと思います。動画で大切なのは、“見る人にわかりやすくする”というサービス精神。知ってほしい、楽しんでほしいと思って動画を撮りましょう。セルフィー同様、カッコつけすぎないことも大事。日常の中で自分がちょっと得意なことを紹介するくらいの気持ちで!」(やまざきさん)

◇やまざき・ひとみ 動画に特化したキュレーションメディア「C Channel」ブランドマネージャー。HINT,Inc.代表。過去にはアメーバピグの立ち上げなども手がけた。


※『anan』2016年9月21日号より。イラスト・黒猫まな子