思わず試したくなる健康アイテムを日本中から見つけてくる「カラダにいいもの大賞」。今回はそのファイナリストたちをご紹介! あなたのカラダにふさわしい“相棒”が見つかりますように。

■「ラブクロム PG TETSUKI シルバー」――とかすと髪が落ち着く、櫛
櫛を変えたくらいで、そんなに変化があるの? そう訝しく思った人、同感です。我々編集部スタッフも、この櫛に出合うまでは、髪に良い櫛はつげや竹などの天然素材で作ったものだろう、と思っていたクチ。

でも、日本の最先端技術を侮っていたことを反省しました。驚くほど軽い櫛の表面は、日本が誇る最新の自動車工業技術を利用した、滑らかな表面加工を施しています。当然、櫛通りはスルーーーッと滑らかで、髪をとかした時に生まれる静電気を大幅に軽減。

実は、静電気が起こると、髪のダメージを生むだけでなく、必要以上の帯電が疲労の原因にもなっているんだとか。髪の健康維持と疲労対策のためにも、できるだけ静電気が起きない櫛を選ぶことは、とても大事なのです。

撮影時に試した、モデルのメイ・パクディさんも、とかすたびに髪が落ち着きしっとりしてきた、と驚きの表情に。

また、微細な空洞もない緻密なコーティング加工なので、バクテリアなどがつきにくく、いつも清潔に使えます。毎日とかすことで変わっていく、髪の変化を楽しんで。

■「JIMU fabアームレスト キーボード」――洗濯できるアームレスト
この原稿を書いている私、つい先日、キーボードを打ちすぎて腱鞘炎の症状に悩まされたばかりです。医師には「当分パソコンはやめ、手首を休ませるといいですよ」とアドバイスされましたが、そんなことしたら、てんで仕事になりません! でも、手首が痛いだけでなく、首の付け根まで凝っていて、パソコン作業がカラダに様々な悪影響を及ぼしているのは明らかです。

そんななか見つけたのが、この見た目もかわいらしい両手用のアームレスト。枕作りのプロが考案したアームレストピローは、柔らかいのにしっかり手首を支えてくれる仕様。細長いピローの内部は2重構造になっていて、手に直接当たる上部には柔らかいつぶ状の綿が、そして安定感が必要な下部にはソフトパイプを詰めて、柔らかいのにしっかりとした安定感で手首を支えてくれます。実際に手首を乗せてキーボードを打ってみると、肩の力がストンと抜け、腕が安定するのでラクラク。

また、洗濯機で丸洗いできるから、常に清潔感をキープできるのも嬉しい点。頼れる仕事のパートナーとして活躍してくれます。

◇ラブクロム PG TETSUKI シルバー ¥3,700 YC プライマリー TEL:03・3703・7336 http://www.lovechrome.jp

◇JIMU fabアームレスト キーボード ¥1,500 ジスクリエーション TEL:052・979・9808 http://www.jzyss-shop.com/


※『anan』2016年9月28日号より。写真・多田 寛(DOUBLE ONE) 文・板倉ミキコ