私たちのカラダになくてはならない酸素。酸素が足りないことで全身の循環がスムーズにいかず、冷え症や慢性的な倦怠感、腰痛、肩こりが頻発…。

「現代人のほとんどは呼吸が浅いので、カラダは常に酸欠状態に陥っています」(呼吸整体師・森田愛子さん)

慢性的な酸欠は、血流を滞らせ、冷え症に倦怠感など、体調不良の原因に。そこで大事なのが、深呼吸のススメ。

「でも、いわゆる深呼吸は、アゴや上体が上がってカラダが後ろにのけぞるような動きで行う形。それでは胸のあたりまでしか息が入らない、浅い呼吸になってしまいます。理想は、全身の緊張や力みを取り、肩が自然と内側に入った姿勢で行う呼吸。そうすれば、お腹の奥底まで深く楽に息が入り、吸った息も吐ききれます」

また、都市生活では、周囲に嫌な臭いが溢れているので、嗅覚をブロックしてしまい、息が浅くなっている可能性も大とボディワーカーの藤本靖さん。

「積極的に好きなニオイを嗅ぎ、嗅覚を開くと深い呼吸ができるようになります。就寝前が特におすすめです」(藤本さん)

次のようなアイテムを利用しながら、深い呼吸を心がけて!

■「ブリーズイージーバーム」¥2,400 パーフェクトポーション TEL:075・241・3913
10種のピュアなエッセンシャルオイルと天然成分のみで作られたアロマバーム。胸などに塗って深呼吸すれば、鼻の奥を通り、体中に爽やかでフレッシュな香りが吹き抜けていくよう。アロマの持つ、鎮静作用、呼吸器のケア、鼻づまりの緩和、鎮咳など、様々な効果も期待できる。パイン、ユーカリ、ペパーミント、レモン、アトラスシダーウッド、ティーツリー、タイム、アニシード、ジンジャー、スパイクラベンダーのエッセンシャルオイルを配合。(30g)

■「背中元気くん」¥5,900 ドクターエル TEL:0284・40・3711
悪い姿勢の代表・猫背は、胸の大きな筋肉“大胸筋”が固まってしまうことが原因。日中、パソコンやスマホなどで前屈みの姿勢を続けていると、どうしても大胸筋は固くなりがち。こちらの背中ストレッチャーは、その上に寝るだけで自然と胸(胸郭)が広がり、大胸筋をストレッチできるようにデザインされたもの。肩の力みが抜け、背骨は自然なS字ラインを描ける立体的な形をしているので、寝ながら呼吸を続ければ、理想の深い呼吸が可能に。

■「ツーブリーズ」¥20,000 ねむログ TEL:03・6734・9283
ベルト状のウェアラブルセンサーとアプリのセットは、呼吸に着目し、おだやかな寝つきへといざなうキット。システムはとても簡単。ウェアラブルセンサーを腹部につけると、センサーが呼吸を読み取り、Bluetoothでスマートフォンにデータを送信。その呼吸データをもとに、個人に合った休息に誘うガイド音が流れてくる。呼吸を整えるために最適なリズムなので、音に合わせてゆっくり呼吸するとリラックス状態に導かれ、そのままスーッと休息に入れる。


※『anan』2016年9月28日号より。写真・多田 寛(DOUBLE ONE) スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・メイ・パクディ 文・板倉ミキコ