思わず試したくなる、スペシャルな健康アイテムを日本中から見つけてくる「カラダにいいもの大賞」も、おかげさまで第4弾! 今回紹介するのは、日本全国から見つけてきた「グルテンフリー美味図鑑」。

グルテンとは、小麦や大麦などに含まれるタンパク質の一種。パンやパスタに弾力を出す働きがある一方で、グルテンに含まれるでんぷん質が、過食や肌荒れ、慢性疲労、便秘などの原因になることも…。手軽にグルテンフリーを始めるなら、まずはここから。料理家・田村つぼみさんのコメント付きで、3品ご紹介します。

■「オーサワのシチュールウ」? 370(120g)TEL:03・6701・5900 http://www.ohsawa-japan.co.jp/
マクロビオティック食品の老舗オーサワジャパンが手がけたシチュールウは国内産の米粉・大豆粉・コーンパウダーを使用。米粉ならではのまろやかなとろみが特徴だ。甘〜いコーンがたっぷり入っていて、砂糖なしでもしっかり甘いのがうれしい。「豆乳で溶かすと、米粉、大豆粉、コーンパウダーの自然の甘みをより引き立てます」。
◇「オーサワのシチュールウ」を使った豆乳ポタージュ。

■「オリエンタルの米粉カレールウ」? 360(120g)TEL:0587・36・1515 http://www.oriental-shop.jp/
1945年に創業し家庭で愛されるカレー商品を発売してきたオリエンタル。「小麦粉が苦手な人にもおいしいカレーを」と、小麦粉を米粉に代えたルウを発売。やさしい甘みは、たっぷり入ったリンゴ、玉ねぎ、トマト。魚醤、味噌、ココアパウダーが味に深みを出し風味豊かに。「旨みたっぷりなので野菜をあれこれ加えなくてもOK」(田村さん)。
◇「オリエンタルの米粉カレールウ」を使った焼きカボチャのココナッツカレー。

■「丸秀醤油のキヌアしょうゆ」。? 1,490(360ml)TEL:0952・30・1141 http://www.shizen1.com
秀醤油がスーパーフード「キヌア」にいち早く注目し生まれた醤油。蒸したキヌアにこうじ菌を培養させ、空気中の乳酸菌を自然に取り込み熟成。「“香り高い塩”として使いたい! 塩味が強いのでオリーブオイルと合わせるとまろやかなおいしさに」(田村さん)。必須アミノ酸、ビタミン、鉄分などが豊富で、便秘改善、貧血予防、肥満・動脈硬化などの予防も期待できる。
◇「丸秀醤油のキヌアしょうゆ」を使ったさっぱり和風カプレーゼ。

◇田村つぼみさん 1985年生まれ。料理研究家・浜内千波さんのアシスタントを務めたのち独立。料理家として書籍や女性誌を中心に活動中。「素材の旨みたっぷりの調味料ばかりです」


※『anan』2016年9月28日号より。写真・ 津留崎徹花(料理)料理製作・田村つぼみ 文・齋藤春菜