カントリー・ミュージックには疎くても、“キング・オブ・カントリー”と呼ばれたハンク・ウィリアムスをトム・ヒドルストンが演じるとなると、俄然気になる映画『アイ・ソー・ザ・ライト』。

しかし、トム・ヒドルストンは現在35歳。29歳で急逝した伝説のシンガーの20代を描くには無理があるんじゃないかと心配にならないでもない。でも、ハマらないアメリカ人若手俳優よりは、売れっ子のイギリス人演技派で正解。だって、ハンクが歌で社会に希望の光を差した1950年前後の若者は、現代よりかなり大人っぽいんだもん。しかも、トムは猛特訓を受けて、アメリカの魂であるカントリーの名曲の数々を歌っているのです。この勇気ある挑戦には聴くほうも緊張しちゃって、オープニングシーンなんてトムの歌レベルがどれくらいなのかが客観的に判断できないくらい。

ただ、トムの歌がうまいってことは、すぐにわかる。なぜって、エリザベス・オルセンが演じる妻オードリーの歌が強烈なんです。自身もカントリーシンガーである彼女は、ハンクの愛につけこんで、何かにつけて彼のステージや番組に一緒に出ようとするのですが、その歌声がびっくりするほど耳障り。これだけ下手に歌わなきゃいけないエリザベスも大変なのでは? と思うくらい。でも、なにより驚くのは、ハンクのような天才のそばにいながら、自分の才能のなさに気づかないこと。普通なら、この天才のマネージメントに徹しようと考えそうだけど、オードリーはそこに充実を見出せない。

そうです、私生活のアップダウンを歌として昇華したハンクの物語は、この強烈なエゴの持ち主である妻との葛藤の物語でもあるのです。脊椎の病気による痛みに苦しみ続け、酒と女に溺れがちだったハンクの栄光と挫折はもちろんドラマティックだけれど、ステージママだったハンクの母親との軋轢や、諍いを重ねながらもハンクのインスピレーションの源であり続けたオードリーという存在が、この作品をひと味違うものにしているのでした。天才の陰に悪妻ありと思いつつ、気がついたら彼女の強さが羨ましくなってるかも。

◇監督・脚本/マーク・エイブラハム 出演/トム・ヒドルストン、エリザベス・オルセン、ブラッドリー・ウィットフォード、チェリー・ジョーンズほか 10月1日より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。(C)2016 I Saw The Light Movie, LLC and RatPac ISTL LLC. All Rights Reserved.


※『anan』2016年10月5日号より。文・杉谷伸子