理知的と言えば聞こえはいいけれど、神経質で気難し屋の文豪・夏目漱石。かたやその妻は、お嬢様育ちで良く言えばおおらか、悪く言えば大雑把。そんな凸凹夫婦の姿を描いた土曜ドラマ『夏目漱石の妻』。

タイトルロールの鏡子を演じた尾野真千子さんは、「自由に演じさせてもらえた幸せな現場でした」と振り返る。

「漱石の奥さんって、どんな方かあまり知られてないと思うんです。だから難しく考えず、台本を読んで感じたまま、私の鏡子にしちゃえ、と思って演じていました(笑)」

漱石役の長谷川博己さんは、事前に著書や資料を読み、1話の舞台となる熊本にも訪れているそう。そんな話題を引き合いに出して、「たくさん勉強されていて、聞けば何でも答えてくださるので、役作りは楽でした」とあっけらかんと笑う。それはまさに漱石と鏡子の関係そのもの。

「本当に漱石でいてくださる長谷川さんがいて、漱石が怒ったら負けずに怒ったり、笑っていたら一緒に笑ったり。ただこの人に寄り添いたいな、と思っていただけなんですよね。台本に沿いながらも、私が鏡子だったらどうなんだろうって楽しみながらお芝居していた、というか」

そんなふたりが描き出す漱石夫婦の関係はなんとも愉快。監督からも「シーンが終わってもカットをかけずにいると、そのまま続けるふたりの芝居が面白くて、ずっと見ていたかったほど」と大絶賛。実際に採用された場面もあるとか。

「ふたりで芝居してると面白くて、続くんならやってやろうって…。金之助(漱石の本名)さんがそうくるんなら、聞いていようとか、ちょっとここは泣いててやろうとか、そんな感じで、それでもやり足りないくらいでした。すごいのは、私がどう動いても照明さんが当ててくれるし、カメラは追いかけてくれるんです。何気なくそこにあるものを掴んだら、ちゃんと撮ってくれていたり。だから私は、その時の自分の気持ちにのっけて好きなことをのびのびやれていたんですよね。後で、こんな表情してたんだと思ったくらい。自分が思ってもいないカットを撮ってくれるのでワクワクしました」

性格が真逆の夫婦だけに、何かと食い違い、すれ違う金之助と鏡子。それでも夫婦にしかない不思議な結びつきや絆を感じさせる。

「うちの父母を見ていても、そうなんですよね。父にさんざん厳しく言われて、お母さんは本当にお父さんのこと好きなのかなって思ったりすることもあるんです。でも、ふとした時にふたりがすごくイチャイチャしていたりもして。きっと“あれ”なんだろうな、と」

◇おの・まちこ 1981 年生まれ、奈良県出身。'97年の映画『萌の朱雀』でデビュー。'11年の連続テレビ小説『カーネーション』で注目される。公開待機作の映画『ミュージアム』は、11月12日公開を予定。

◇裕福な家庭で育った鏡子(尾野真千子)は、父(舘ひろし)の勧めで帝大出の夏目金之助(長谷川博己)と結婚。金之助が教師として働く熊本で新婚生活を始めるが…。NHK総合にて土曜21時〜。9月24日スタート。全4回。


※『anan』2016年10月5日号より。写真・内田紘倫 インタビュー、文・望月リサ