スタイリングやライフスタイルで多くの人か支持されている、伊藤まさこさんは、実は知る人ぞ知る「気配りの達人」。コピーライターの糸井重里さんも絶賛する、その「気配り」の秘訣とは?

*  *  *

「スタイリストという仕事柄、現場の全員が楽しくしているかなと考えるクセがついていて。だから、相手に気を使わせているなという状態は嫌なんです」

そう話す伊藤さんが、人に気を使わせたり、無理させないために実践しているのは、過剰にふみこまないということ。

「旅行でも、みんなとずっと一緒に行動することはありません。人に合わせすぎると自分が疲れちゃうし、そうなるときっと相手も気疲れさせちゃうだろうから。機嫌のいい状態を保ち、メリハリを持って接すれば、みんなが居心地がいいでしょう?」

そんな考え方は、近所付き合いなどの日常シーンから、対応に躊躇してしまいがちなお見舞いやお悔やみの場面でも同じ。

「私は、弱っている自分を人に見られたくないタイプ。だからお見舞いにもあまり行きません。代わりに、退院したら一緒においしいもの食べましょうって誘いますね。誰かに悲しいことや辛いことがあったとしても、そのときは何も言わず、少し時間を置いてから、いつも通りに接します。だってそのほうが、私だったら嬉しいと思うんです」

まずは自分に置き換える。それが適切な距離感をつかむコツ。

伊藤さんについて「なかなか真似できないですよ。あの人の気配りは」と語るのは糸井重里さん。

「彼女がやっていることは、マニュアルではなく、姿勢ですね。それを簡単にやってみせるから、気を使っていると相手に思わせないし、受け取る側が重荷にならないように、と“すぎない”姿勢が体に染み込んでいると思います。過剰にやりとりを増やしたりもしませんし。親切のアスリートです」

その親切にいたずらっ気があるのも、伊藤さんのよさだという。

「お弁当にどこかで摘んだ葉っぱを添えていたり、こちらがあっと驚くようなことを平気でやっちゃう人なんですよね。あと、ほめられるのも上手。耳は赤くなってるんだけど、笑ってる。絶対恥ずかしいんだけど、素直に嬉しがってくれるんです。どんなおばあさんになるのか未来が楽しみですね」

◇伊藤さんからのお弁当。「スープもいただいたことがあって。茹で鶏のおまけって感じで会社の台所で温めてくれました」(糸井さん)

◇伊藤まさこさん 暮らしまわりのスタイリストとして活躍する傍ら、旅や食にまつわる本も出版。ほぼ日刊イトイ新聞のサイトでは、お弁当の連載も担当する。『ちびちび もぐもぐ お酒とごはん』(PHP研究所)は11月に発売。

◇糸井重里さん コピーライター。「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰。作詞、エッセイ執筆、ゲーム制作などでも活躍。著書に『ボールのようなことば。』。


※『anan』2016年10月5日号より。写真・馬場わかな スタイリスト・伊藤まさこ 取材、文・野村紀沙枝