テレビ東京深夜枠ならではのシュールな笑いでお茶の間をざわつかせた、山田孝之さんと福田雄一監督による低予算冒険活劇、勇者ヨシヒコシリーズが4年ぶりに復活!

「第2弾は時間がない中でやっていたので、終わったときにもう少し詰められる部分があったんじゃないかなぁって心残りがあったんです。なので第3弾をやるなら、しっかり準備してから始めたいなと。それで撮影に入る1年半くらい前に福田さんと一度2人で会って、大枠を聞いて、少しずつ意見を出し合いながら詰めていきました。なので4年あけようと思ってあけたわけではなく、いろいろ準備してたら、あっという間に4年が経っていたって感じですね」

第3弾となる『勇者ヨシヒコと導かれし七人』も、前作に続き、山形の庄内映画村に泊まり込みで撮影。

「またみんなで同じ衣装を着て山形に集まったときは、“あ、ついに始まったな”って身が引き締まる思いでしたね。でも、現場の雰囲気は相変わらずワイワイしてます。基本、僕はムロ(ツヨシ)さんといつも一緒に飲みに行ってますし。今回は現場に炊飯器を持ち込んで玄米炊いたりしてたんですけど、その残りを(木南)晴夏がオニギリにして冷凍しておいてくれたり。なんかもうみんな、家族みたいな感じなんです」

ヨシヒコシリーズといえば、低予算を謳いながらも、主役級の大物ゲストが出演することで有名。山田さん自身も、毎回驚かされているそう。

「深夜帯のコメディですし、ギャラも安いですし、地方まで来なきゃいけないですし、断られて当たり前じゃないですか。なのに、たったワンシーンでも、ヨシヒコなら出たいって言ってくださる方もいるみたいで。台本の名前見たときとか、マジでびっくりしますからね。“え!? これだけのために来んの!? マジ!? ”みたいな(笑)。第1弾で(小栗)旬くんが来たときも本当に面白かったですね。“おい、小栗旬来たぜ”って。テレ東の深夜枠なのに大丈夫かなって心配になりました(笑)」

これほどの人気作に育った理由を山田さん自身はこう分析。

「最初から面白くなる確信はありましたけど、ここまで支持をいただけるようになったのは、やっぱり続けてきたことが重要だとは思いますね。作品とちゃんと向き合うというか、どうやったら面白くなるかってことをみんなでしっかり考えれば、多くの人に届くんだなぁってことがこの作品でわかったような気がします」

最後に第3弾の見どころを尋ねると、「僕の中ではこれがもうテレビシリーズとしては最後かも、と思っているので…」とまさかの爆弾発言。

「一応、そういう言い方をしておきます(笑)。でも、そう言い切れるくらい、とことんやり切りました。結果、やりすぎたかも、とも思ってます。ヨシヒコでやりすぎたって言うと、よっぽどです。でも、それでいいと思ってます。ちょっとヒヤヒヤするところもあると思いますが、それくらい覚悟しておいてもらったほうがいいかもしれません(笑)」

◇やまだ・たかゆき 1983年10月20日生まれ。鹿児島県出身。2003年『WATER BOYS』でテレビドラマ初主演。10月には、『何者』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』と、さまざまな出演映画の公開が控えている。

◇シャツ¥32,000(Vivienne Westwood MAN) パンツ¥46,000(Vivienne Westwood Anglomania)共にヴィヴィアン・ウエストウッドインフォメーション TEL:03・5791・0058 ベルトはスタイリスト私物

◇勇者ヨシヒコが暗黒の神を倒し、世界を救ってから数百年後。仏の力で蘇ったヨシヒコ一行は、再び暗黒の時代となった世界を救うことができるのか!? 大人気シリーズの第3弾。毎週金曜24:12〜24:52、テレビ東京ほかで10月7日より放送開始。


※『anan』2016年10月12日号より。写真・中島慶子 インタビュー、文・菅野綾子