進学、就職や結婚を機に、子どもが生まれ育った家を出ても、親子の絆は永遠。実家に帰るたび、親の老いを実感し、ふと将来の介護問題に思いを巡らせる人は多いはず。

そんなある日、突然、親との同居を迫られたら!?  娘とお母さんなら簡単に共通点が見つかりそうだけど、頑固極まりないお父さんと同居する羽目になったら、あなたはどうする!?

映画『お父さんと伊藤さん』は誰もが直面する問題に向き合った家族のドラマ。主人公は、本屋でバイトする34歳の独身女性・彩。20歳年上の恋人・伊藤さんと同居し、つつましくも充実した日々を満喫中。ところが、ある日、彩が帰宅すると、“ただいまくらい言わんか!”と、聞き覚えのあるお父さんの声が。

お父さんは兄夫婦と同居していたものの、お嫁さんが自分のせいで精神不安定になったことを気にして、彩のところへやってきたのです。とにかく口うるさいお父さん。元教師だけに知識が豊富で、楽しい食卓も議論の格好のネタ。とんかつにかけるソースはウスターではなくウースターだと言って譲らない(実際、イギリスの元祖ウスターソースの英語表記をカタカナにすると、ウースターになる)。彩の恋愛や仕事にも不満タラタラ。“スプーンをねぶるんじゃない!”と、ヨーグルトの食べ方にまで口を出す始末。

こういう小言って、誰もが親に言われていること。親にとって子どもはいくつになっても子どものまま。会うたびにこういう小言を言うものだよねと、ついつい自分の親に思いを馳せてしまいます。出番は少ないものの、彩の兄のお嫁さんは、世間の嫁の想いを代弁したようなパンチの利いたキャラで、お父さんと目が合った途端に取り乱して、ゲーゲー吐いたり、公衆の面前で自分を責めまくって尋常じゃないレベルで号泣したりする(笑)。

筆者もお姑さんと電話で話した後、気分が悪くなった経験があるので、これには激しく共感…そんなことはさておき(笑)、こういう人は実際にいそう、と思わせるリアル感が半端ない! 本作を観ていると、登場人物の誰かに共感し、物語に引き込まれてしまいます。

キャスト全員がハマり役なのも、本作の素晴らしいところ。ヒロインの彩を演じるのは、今年、30歳という節目の年を迎えた上野樹里さん。5月にTRICERATOPSの和田唱さんと電撃結婚し、世間を驚かせた彼女が、結婚後に初めて挑んだ主演作は、家族のドラマ。これまで、ロマンスやサスペンスなど、幅広いジャンルの作品に出演している上野さんですが、家族のドラマというジャンルは未体験。本作では、同世代の等身大ヒロインを生き生きと演じ、新境地を開拓しています。

彩の20歳年上の彼氏・伊藤さんには、リリー・フランキーさん。伊藤さんは、彩やお父さんを突き放したり、受け止めたりと、ツンデレ加減が絶妙。飄々とした存在感のリリーさんはまさに適役! 頑固なお父さんには、シリアスな役からコミカルな役まで自在に演じ分ける名優・藤竜也さん。適材適所に配置された演技派俳優陣の競演により、当初は反発し合う3人が次第にひとつの家族になっていく過程が説得力を持って描かれます。

果たして、彩はお父さんとの同居を受け入れるのか? 家族の悩みを抱えている人にこそ、観てほしい、温もりを感じる作品です。

◇映画『ロマンス』『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督が中澤日菜子の同名小説を映画化。20歳年上の恋人と暮らす娘とその父親の同居生活を描く。配給/ファントム・フィルム。10月8日より新宿バルト9ほか全国公開。(C)2016 中澤日菜子・講談社/映画「お父さんと伊藤さん」製作委員会


※『anan』2016年10月12日号より。文・田嶋真理