夜空に輝く月。普段何気なく眺めているけれど、実は私たちに様々な影響をもたらしているもの。そのパワーをうまくとらえてお掃除すれば、部屋は開運スポットに。その方法を伝授します!

「夜ごと、姿を変える月。そのかたちの変化に伴って、月の性質やパワーは日々変わっていきます。月のもたらす影響をきちんと理解して生活に活かすことができれば、いつもよりスムーズに物事が進むもの。ということで、今回ご紹介するのが、“月齢(げつれい)”に沿って行う開運お掃除。新月の日に闇から生まれた月が何日目であるかを月齢と呼びます。月齢からどんなことに向いている日なのか知り、最適なお掃除をすることで家の中はピカピカに。運も開けてきます!」(占術家・小泉茉莉花さん)

たとえ短い時間でも、月を意識しながら集中して行うことで大きな成果が。普段、習慣的に行っているお掃除は、自分のペースで進めてOK。それにプラスして、月のリズムで開運お掃除にトライ!

【10月】
10月は、新月に始まり新月に終わるという珍しいサイクル。もう過ぎてしまいましたが、1日は天秤座の新月。この日はイメチェンにいい日とされていました。そして16日は、牡羊座の満月を迎えます。開運お掃除の効果が徐々に出てきそう。2回目の新月は31日で、蠍座の新月。お稽古事や趣味を始めるのにいい日です。

【11月】
開運お掃除も一巡する11月。15日は牡牛座の満月が輝きます。この日は購買意欲が高まりがちですが、整理整頓の基本は物を増やさないこと。既にあるものを手入れして長く使うことを心がけて。師走直前の29日は、射手座の新月。冒険的な掃除方法を試したいと思う日ですが、適さない方法もあるので、よく調べてから行って。

【12月】
いよいよ12月に突入。月のリズムでお掃除することにも慣れてきたのでは。14日は双子座の満月。はりめぐらせていたアンテナに情報が集まる日。いい情報をつかんだら即行動を! 29 日は山羊座の新月。年末の大掃除本番です。手抜きせずに、でも、一気に片づけて。今年の不浄を祓って、心置きなくお正月を迎えましょう。

◇小泉茉莉花さん 占術家。特に月に造詣が深く、携帯サイト「愛と運命の月占術」も好評。近著は『運がよくなる日本のしきたり』(王様文庫)。ブログでも月情報を公開。tuki-yomi.net/


※『anan』2016年10月12日号より。イラスト・酒井マオリ 監修・小泉茉莉花