EXILE TRIBEのメンバーが出演し、話題を呼んでいる『HiGH&LOW』の映画第2弾『HiGH&LOWTHE RED RAIN』がついに公開! 本作では、TAKAHIROさん扮する雨宮雅貴と登坂広臣さんが演じる雨宮広斗、通称“雨宮兄弟”にスポットが当たる。

そんなお二人は、実生活でもまるで兄弟のように仲が良いようで…。お二人にインタビューしてみました!

*  *  *

――普段のお二人の関係性は?

登坂:2人でよく飲みに行ったりしますよね。

TAKAHIRO(以下、T):登坂が昔、アパレルで働いてたときから僕が客として行ったりしていて。でも、一緒に食事したり、買い物に行ったりするようになったのは、登坂が三代目としてデビューしてからですね。

登坂:TAKAHIROさんの実家に遊びに行って、お母さんの手料理をごちそうになったり(笑)。

T:温泉旅行もしたよね。

登坂:たしかお正月でしたよね。実家にいて暇だったんで、「何してるんですか?」って連絡したら、「九州のほうに戻ってきてる」って言うんで、「俺もそっち行っていいですか?」って。そしたら「じゃあ温泉に行こう」って。

T:一緒に温泉に入って、コンビニで酒を買って、ずっと飲んでたよね。普段も、酔った感じで「兄貴、どこいるんですか?」って、LINEをくれたりするんです。

――飲むと変わったりします?

T:登坂はお酒飲むとクールさが抜けて、かわいくておちゃめなところがでてきます(笑)。

登坂:TAKAHIROさんは声の大きさが3倍になるくらいです。見てのとおり、とてつもなく明るい人なんですけど、その明るさも4倍くらいになります。

T:もうキンピカです(笑)。

――お互いの好きなところは?

T:登坂はクールに見えますけど、すごく情が深くて優しい。仕事で疲れてても、僕の誕生日にいきなりピンポーンって駆けつけてくれたり。ツンとデレの使い分けが素晴らしくて。アメとムチというか。

登坂:ムチ打ったことなんてありましたっけ?(笑)

T:ムチ打たれたことはないけど、クールなぶん、僕の話に対するリアクションが大きくないので、「あれ、今の話あんまり面白くなかったかな」って心配になることはあります(笑)。急に話を聞かなくなったりすることもあるし。でも基本的に優しいので、なんかくすぐられるというか、心を持っていかれるというか、後ろ髪を前から引かれているような気分です。

登坂:前髪じゃないんですね(笑)。

T :もし俺が女だったらイチコロでしょうね。

登坂:TAKAHIROさんは、いるだけでその場が明るくなります。映画の現場でも音楽の現場でも、どこにいても変わらない太陽みたいな人。自然と周りを笑顔にさせてしまうところが最高です。

――逆に直してほしいところは?

T:登坂ってたまに、びっくりするくらい適当なことを言うんですよ。それで、こっちが真に受けて「マジ!?」みたいになると、「知らないっす」って、ガムを吐き捨てるようなテンションで返してくる(笑)。本当に、ガムになったような気分です。

登坂:あはは! TAKAHIROさんはですね、車内でオナラするんですよ。それだけはやめてほしい(笑)。

T:なんていうか、自分の奏でる音を聞かせたくなるんですよ。ほら、僕ってやっぱり、アーティストなんで。

――撮影中に初めて知った、お互いの意外な一面や新発見は?

T:海外での撮影中、ホテルのプールでの出来事なんですけど。登坂がサングラスをかけたままプールの中に入っていくんです。で、出てきたら、頭をバシャバシャッて左右にふりながら水を払って、かっこよく髪をかきあげて。こんな海外セレブみたいな一面があるんだなぁって、初めて知りました。

登坂:あはは! 僕はTAKAHIROさんがそんな目で見てたことが意外です。新発見です(笑)。

◇謎に包まれた雨宮兄弟の長男・雨宮尊龍役に、いま最も注目の実力派俳優・斎藤工を迎え、最強の三兄弟が実現! 『HiGH&LOW THE RED RAIN』は、10月8日より、全国ロードショー。ドラマSEASON2のDVDBOXも10月12日発売予定。

◇タカヒロ 1984年12月8日生まれ、長崎県出身。EXILEおよび、ロックバンドACE OF SPADESのボーカル他、俳優としても活躍。EXILE15年間の軌跡が詰まったベストアルバム『EXTREME BEST』が好評発売中。

◇とさか・ひろおみ 1987年3月12日生まれ。三代目 J Soul Brothersのボーカル。'14年に初出演&初主演を務めた映画『ホットロード』で日本アカデミー賞をはじめとする、数々の新人賞を獲得。


※『anan』2016年10月12日号より。写真・岡田 潤(bNm) スタイリスト・JUMBO(SPEED WHEELS) ヘア&メイク・下川真矢(TAKAHIROさん) 唐沢憲司(L.O.G/026/登坂さん) 取材、文・菅野綾子