「芸能界最強の占い師」との呼び声も高いゲッターズ飯田さん。独自の占いと、蓄積されたデータで、あなたの恋を指南!

「クリスマスまでには恋人が欲しい」という悩める女子にアドバイスをくれました。

「‘16年、特に後半はオリジナルよりコピーがもてはやされる“モノマネ”の時代」とゲッターズさん。この運気の流れを利用して、モテる人がどんなメイクやふるまいをしているのか観察して、真似るのが恋愛運向上の近道! 「モテる女性には共通して愛嬌があります。愛嬌の振りまき方もしっかりコピーを」。

では、具体的に何をすればよいか、ゲッターズ飯田さんに聞きました!

■ハロウィンで本気を出す。
合コンなど男女の出会いを目的に場を設定すると、お互いに選別する感覚になってしまうため、アラばかりが目立ち実りが少ないもの。「バーベキューや鍋パーティなど、何かの目的で集まって交流するほうが、相手のいい部分に目が行き、距離が縮まりやすい。この時期なら、絶対ハロウィン! しかも今年は、真似をすると開運するという運勢なので、それも追い風。仮装にも真剣に臨んだほうが恋愛運が大きく開けますよ」。10月末のハロウィンで出会えば、クリスマスまで約2か月。愛を育むのにもちょうどいい期間。

■キッチンを掃除する。
「部屋が汚いのに恋愛運を求めるのは論外」とバッサリ。特に清潔にしておきたいのが、恋愛運に直結する水回り。「朝、汚れた食器を放置して出掛ければ、その日中恋愛運が下がり続けると思ってください」。また、恋愛の鍵となる方位は、北。「北側にあるカーテンやマットを暖色に変えると、人間関係が活性化され、出会いが期待できます。恋愛運的にNGのアイドルのポスターも、北に貼れば理想の人との出会いに繋がる可能性が」

■ボーダーのアイテムを処分する。
「ボーダーはモテません。服もタオルも今すぐ焼き捨ててほしいくらい(笑)」。ボーダー=非モテは動物学的にも説明できるそう。「蜂、トラ、ヘビなど、“ヨコシマ”の動物は危険なものが多い。つまり、ボーダーは潜在的に危険を知らせるサインなんです。女性が着れば男性を遠ざけるだけ。実際、ボーダー着用の子に『彼氏いないでしょう?』と聞くと9割以上の確率で当たります」。そんな非モテアイテムとはきっぱり決別!

■ガチの格闘技を習う。
「モテを語るとき、忘れてはいけないのが男女比です。ライバルが少ない工業高校の女子がモテるのと同じ理屈です」。なるほど! では具体的にどうすれば? 「男性が多い格闘技を習うことですね。ただ、ボクササイズなどソフトなものは女性も多いので、空手、柔道、剣道、テコンドーといった硬派なものを。'16年は伝統あるものが運気を持っているので一石二鳥」。格闘技場には、ガタイがよくて、礼儀正しい男性がわんさか♪

■おでこを出して、セミロングにする。
おでこは人脈と情報を集めるといわれるパーツ。ここを前髪で隠していては、男性を紹介してもらえる貴重な人材やチャンスを自ら遠ざけてしまうことに…。「閉鎖性を表す前髪パッツンは言語道断。おでこ全開にどうしても抵抗があるなら、前髪を横に流して隙間を作るだけでも、だいぶ違いがあります」。さらに、運気的にショートの時代は終了。髪を伸ばす方向にシフトチェンジを。メイクでは、目元と眉は強調しすぎないほうが吉。

◇ゲッターズ飯田さん お笑いコンビを経て、放送作家・タレント・占い師と多方面で活躍中。独自に編み出した五星三心占いをまとめた『開運ブック 2017年度版』(講談社)が発売中。


※『anan』2016年10月12日号より。イラスト・杉?貴史 文・小泉咲子