「あなたがいいならそれでいいけど」は、坂上忍さんと土田晃之さんが毎週異なるテーマに小気味よく回答する『anan』人気連載。

今回のテーマは「結婚こわい病」。結婚こわい病とは、結婚適齢期で交際相手がいても、姑との関係、夫の浮気などを想像すると結婚に踏み切れない、独り暮らしが長引くにつれて、他人と住むのが怖いとも思えてくることです。土田晃之さんのご意見はいかがでしょうか?

*  *  *

結婚が怖いなんて考えは、独身でいることを正当化したいための言い訳。他人と住むのが面倒、浮気されるのが怖い、姑問題が…なんて、嫌なことを「イヤ!」のひとことで終わらせたら、つまらないと思いますよ。

たとえば、結婚後、ダンナに浮気疑惑が浮上したとする。即ダンナに詰め寄るのか。いやいや、ジャブを入れながら泳がせておいて、証拠を固めたところで、ようやく「浮気したでしょ」のひとことを出す。ぐうの音も出ないダンナは、完敗…みたいなね。感情的にならず、冷静に対処する賢い奥さんのおかげで、夫婦の危機も乗り越えられるかもしれないわけです。

面倒はつきものなんだと割り切って、多少のハプニングはむしろ楽しむくらいで構えていれば、結婚観も変わるはず。刺激のない人生なんて、楽しくないですから。

まぁ、結婚が究極の幸せだとも、独りでいるのが負け組だとも思わないですけどね。僕は逆にいま、独り暮らしが羨ましい! うちの奥さん、マンション借りていいよって言ってくれないかな(笑)。

◇つちだ・てるゆき 芸人。『じわじわチャップリン』(テレビ東京土曜23:55〜)、『欅って、書けない?』(テレビ東京日曜24:35〜)、『日曜のへそ』(ニッポン放送)ほか、出演番組多数。


※『anan』2016年10月12日号より。文・神保亜紀子 (C)diego cervo