日本でライブハウスや路上でのライブを行うこと100回超。地道な活動を経て、日韓で人気バンドとなったCNBLUE。

メジャーデビューから5年という節目に新アルバム『EUPHORIA』をリリースし、アリーナツアーもスタート目前と絶好調の4人に、それぞれが思い描くバンドの未来についてお聞きました!

*  *  *

――バンドが描く未来は?

ミンヒョク:ずっと続けること。

ヨンファ:東京ドームライブ!

ジョンシン:ふたつを足して、ドームツアーをしながら、音楽を続けるということですね。

――長く続けるには、メンバー間の関係性も大事ですよね。

ジョンヒョン:僕たち、本当に仲がいいんですよ。

ジョンシン:それは僕がいるから。僕がいなければ、今のCNBLUEはないと言っても過言じゃないです!

ヨンファ:ジョンシンさんがいて、(わざと棒読みで)し〜あ〜わ〜せ〜。ジョンシンくんはバンドの雰囲気を良くしてくれる大事な人。これは本気で。

――個人的に描く未来像は?

ジョンシン:個人活動も長くできたらいいですね。

ジョンヒョン:僕は、心配事なく暮らすこと。

ミンヒョク:できないよ。生きてる限り心配事が出てくるし…。

ジョンシン:できるって。ミンヒョクくんは現実的すぎるから(笑)。で、自分はどうなの?

ミンヒョク:特にないです。普通に暮らしていければそれで。

ヨンファ:相変わらずだね(笑)。僕はいつか自分の子供に「尊敬している」と言ってほしい。

ジョンシン:ヨンファくんはいいパパになると思う。

ヨンファ:本当に!?

ジョンシン:あ、冗談(笑)。他の2人はどんなパパになるか想像がつくんですが、ヨンファくんは…。だからずっと近くにいて、どんなパパになるか見守ります。

――ヨンファさんの息子になりたい?

ジョンシン:嫌です! 間違いなく大変です(笑)。

ヨンファ:僕の息子になったら逞しく育ててあげるのに!

――5周年ということで、これまでバンドを支えてきたものを5個挙げてください。

全員:(即答で)ファン!

ミンヒョク:ファンがいなければ、何をするにも力が出ません。

ヨンファ:同感。あとはメンバー、路上ライブ、過去のツアー、そして天才ヨンファ(笑)。

――大事ですよね(笑)。路上ライブを挙げた理由は?

ヨンファ:あの頃があったからこそ、大きな会場でのライブで大きな幸せを感じられるんです。

――ジョンシンさんとミンヒョクさんは、韓国で歌番組のMCをされていますよね。新人歌手を見ると新人時代を思い出す?

ミンヒョク:そうですね。伸びるなと思う子たちからは不思議と自信が感じられるんです。僕らもそうだったなって。

ヨンファ:自信はあの頃の方があったくらい。ブルドーザーみたいに突進してた(笑)。

――そうした時代を経て、辿り着いたアルバム『EUPHORIA』。最後に、タイトルに込めた意味を教えてください。

ジョンシン:意味は幸福です。僕らを幸せにしてくれるファンへの感謝の気持ちを込めました。

ヨンファ:5周年以降も共に、もっと幸せになりましょう!

◇シーエヌブルー '10年、韓国でデビューするや音楽チャート1位を獲得。日本デビューは、'11年のシングル『In My Head』。11月2日からは、全国5か所を巡るアリーナツアー「CNBLUE 5th ANNIVERSARY ARENA TOUR 2016‐Our Glory Days‐」がスタート。

◇右からKANG MIN HYUK カン・ミンヒョク 1991年6月28日生まれ。ドラム担当。『棚ぼたのあなた』『相続者たち』をはじめ、大人気ドラマに次々と出演。JUNG YONG HWA ジョン・ヨンファ 1989年6月22日生まれ。ボーカル&ギター担当。'15年、ソロアルバムを発表。現在、主演ドラマ『三銃士』が放送中。LEE JONG HYUN イ・ジョンヒョン 1990年5月15日生まれ。ボーカル&ギター担当。8月、初となるソロアルバム『SPARKLING NIGHT』を発表。LEE JUNG SHIN イ・ジョンシン 1991年9月15日生まれ。ベース担当。国民的ドラマ『私の娘 ソヨン』での好演で“国民の弟”と呼ばれるまでに。

◇日本通算5作目となるアルバム『EUPHORIA』。10月19日発売。通常盤¥3,000(ワーナー・ミュージック)


※『anan』2016年10月19日号より。写真・三浦太輔(go relax E more) インタビュー、文・小泉咲子