男子が青年へと変わる瞬間、目をみはる色香があふれだす年ごろがあります。これから、どんなふうに変わっていくのか、色気の種を備えた、その姿に目が離せない…。

“今”の空気をまとった唯一無二の存在・野村周平さんに話をうかがいました。

*  *  *

僕は色気には少々自信があります。というのは、男の色気は自信から生まれると思っていて。体を動かすことが好きだからこその、ナチュラルな筋肉がついたいい体をカッコいいと自負しています。その自信たるや、銭湯に行ったときに男友だちに見せつけるほど(笑)。それは演技に関しても同じ。芝居には豊富な人生経験が不可欠だから、いろいろなカルチャーを見ている俳優のほうが面白い演技ができると思うんです。僕は新しいものや知らないことを積極的に吸収したいし、普段、BMXやスケボーをするときの仲間は、みんな面白くてイケている人たちばかり。そんなすごい人たちに囲まれている若手俳優だからこその、僕にしか出せない味があるはず。

映画『ミュージアム』でカエル男役を演じている俳優さんは、プライベートで飲みに行くこともあるんですけど、クレイジーでセクシーな方。普段から男らしい振る舞いで、こんなカッコいい男、ほかにいないと憧れます。今、名前を言えないのが残念(笑)。彼や自分の周りにいる人もそうですが、理想は、大人になっても年下と楽しく遊べる男。そして、自分にウソをつかない人ですね。仕事でもプライベートでも好きなことだけをやっていきたい。それは、これまでもそうして続けてきたスケボーやBMXが俳優としての仕事に生きていて、自信につながっていることを知っているから。自分がカッコいいと思うものや人を、ずっと信じていきたいですね。

◇のむら・しゅうへい 1993年11月14日生まれ。11月12日公開の映画『ミュージアム』では、連続猟奇殺人事件の犯人を追う新米刑事・西野純一を演じている。カエル男を演じる俳優は、10月13日に発表予定。

◇モヘアニット¥43,000 パンツ¥25,000(共にGANRYU/コム デ ギャルソンTEL:03・3407・2684) ソックス¥3,000 シューズ¥54,000(共にJohnUNDERCOVER/UNDERCOVER TEL:03・5778・4805) その他はスタイリスト私物


※『anan』2016年10月19日号より。写真・笠井爾士(Mild) スタイリスト・九 ヘア&メイク・NORI インタビュー、文・重信 綾