9月20日に新発売した「日清ラ王」カップ麺に合わせて、ラ王を擬人化した二次元美少女キャラクターによるARボイスドラマ「お湯5分、食べる3分 マジで恋する8分間」の配信がスタートした。キャラクターボイスは人気女性声優陣が担当し、一緒にラ王を食べている気分をヴァーチャルに楽しめる。

ARボイスドラマ「マジで恋する8分間」は、ユーザーがラ王の商品パッケージをスマートフォンで撮影すると、AR技術によって擬人化キャラが浮かび上がるという内容である。お湯を入れて待つ5分間と、食べる間の3分間の計8分間にわたって、キャラが話しかけてきたり、麺をすすったりして、ラ王をより美味しく味わえる。
キャラクターは5つの味のラ王が擬人化した5姉妹という設定だ。長女・麺堂はつみ役(背脂コク醤油)に内田真礼、次女・麺堂つぐこ役(淡麗鶏だし塩)に洲崎綾、三女・麺堂みなみ役(香熟コク味噌)に早見沙織を起用。さらに双子キャラクターの四女・麺堂かるて役(濃熟とろ豚骨)は松田利冴、五女・麺堂しの役(魚介豚骨醤油)は松田颯水と、実際の双子声優が務めている。

声の収録には、特殊な機材で音の臨場感と立体感を再現するバイノーラル録音を採用。イヤホンやヘッドホンで聴くと、まるで目の前にキャラクターがいるかのようなリアルなボイスを体感できる。
さらにARアプリ「aug!」をスマホにダウンロードして、パッケージを撮影すると、AR擬人化キャラクターが登場。CGモーションによってシーンやセリフに合わせたキュートな表情を披露する。恋愛ゲームのようにセリフにテロップも表示されるなど、細部まで作り込まれている。

アプリ公開を記念して、キャラクターのオリジナルボイスが聴けるTwitter投稿キャンペーンも実施する。ユーザーの投稿が100を超えるごとに、各キャラクターのスペシャルボイスが公開される。アプリやキャンペーンの詳細は特設サイトに記載されている。