日本最大級のゲームイベント「東京ゲームショウ2016」は9月15日から18日までの四日間、千葉・幕張メッセにて行われた。総来場者数は歴代最多の27万1224人を記録。開催20周年を迎えたことやVRゲームが本格始動したことで例年以上の注目を集める結果となった。

「東京ゲームショウ2016」は国内から269社、海外から345社、計614の企業・団体が出展。「エンターテインメントが変わる。未来が変わる。」をテーマに過去最多の出展数で盛り上がりを見せた。
ビジネスデーは15日が3万1000人、16日が3万3000人が来場。例年以上の数字を記録した。一般公開日の17日は9万8000人、18日は10万8000人が来場し、総来場者数は歴代最多の27万1224人となった。
会場では家庭用ゲーム、スマートフォン、パソコンなど、さまざまなプラットフォームに向けた幅広いジャンルの新作タイトルやサービスが発表された。とくに今年新設されたVRコーナーには国内だけでなく海外からの来場者や報道関係者も目立ち、とりわけ大きな注目を集めていた。

主催者展示企画「東京ゲームショウ・日本ゲーム大賞20周年企画」で実施した「20年のあゆみ」や「エンターテインメントの未来」コーナーも好評で、ゲームの過去と未来を一望できた。
会期中はBtoBの商談も活発に行われた。ビジネスマッチングシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」に登録した企業は1149社で、昨年の1011社を上回った。アジアから世界へ発信する国際的な展示会として、ハブとしての役割がより重要になっていることを示す結果となった。
「東京ゲームショウ2017」は2017年9月21日から9月24日まで幕張メッセで行われる予定だ。

「東京ゲームショウ2016」
総来場者数 271,224人
9月15日31,399人
9月16日33,634人
9月17日98,074人
9月18日108,117人