音楽家のじんがマルチメディアプロジェクトとして打ち出した『カゲロウプロジェクト』。その一環として日本初の完全なMX4D(TM)映画として公開される映画『カゲロウデイズ-in a day's-』のキービジュアルの第2弾と予告編が公開された。

『カゲロウプロジェクト』は、じんが2011年に動画投稿サイトにて「人造エネミー」を公開して始まったストーリー性の高いマルチメディアミックスプロジェクトだ。歌詞の世界観がストーリーとリンクした楽曲群で、不思議な「目」にまつわる能力を持つ「メカクシ団」のメンバーが、巻き起こる事件の謎を解いていく群像劇。
小説『カゲロウデイズ』シリーズはじめ、別視点から物語を描いたコミック版も連載中。シリーズの関連書籍累計850万部、音楽パッケージの累計は70万枚を突破。アニメ版となる『メカクシティアクターズ』は、世界同時配信される等、様々なメディアを巻き込みながら拡大し、世界中から絶大な支持を集めている。

今回キービジュアルは監督のしづの描き下ろしとなっている。さらに9月17日から発売されている「インターネットで座席指定が出来る前売り券『ムビチケ』」は「エネVer.」「シンタローVer.」「キドVer.」のキャラクターデザインイラスト3種類にて販売されている。予告編に関しては「謎めいた新キャラクター」が登場する映画の冒頭部分を使用し、TOHOシネマズMX4D(TM)スクリーンでは、MX4D(TM)エフェクトがついた予告編が鑑賞可能となっている





「メカクシ団」の新たな活躍が3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステムで体感できる公開日は11月4日。躍動感と情報量に溢れる映像からも本編への期待が更に募ってくる。

『カゲロウデイズ-in a day's-』
2016年11月4日公開予定

(C) KAGEROU PROJECT/1st PLACE
(C) じん/1st PLACE・カゲロウデイズ-in a day's- 製作委員会