劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』が9月24日より4DX、MX4Dの上映を開始する。4月23日に公開された本作が、新たな上映を展開するということで、ファンからも熱い注目を集めている。今回、海馬瀬人役の津田健次郎と海馬モクバ役の竹内順子が一足先に4Dを体験、そのコメントが届いた。

『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は、原作マンガ連載20周年を記念して制作された最新作だ。原作のその後を舞台に、遊戯とライバルの海馬瀬人との物語を描く。
4月23日に公開されると、シリーズの集大成ともいえる圧巻のデュエルが話題を呼んだ。その反響を受けて、アトラクション・スタイルで映画を楽しめる4D上映が決定。4DX、MX4Dで展開に加え、声出しやコスプレ、サイリウムの持ち込みが可能の「新次元・大喝采上映!」も開催される。

今回、海馬兄弟をそれぞれ演じる津田健次郎と竹内順子が4DXを体感し、そのコメントが到着した。兄・海馬瀬戸を演じる津田は「声を出して楽しんでしまいました(笑)」とコメントし、弟・海馬モクバ演じる竹内も「めちゃくちゃ楽しくて変な声がずっと出てました」とどちらも声が思わず出てしまうほど楽しんでいた様子。
またファンに向けて竹内は「俺の!兄様が作り上げた街を!新たなデュエルを!体全部使って体感してくれよな!」とモクバらしいコメント。その“兄様”の津田は「遊戯王は4D向きだ!遊戯王の為に4Dが開発されたのかと思う位にぴったりの作品なのだ!デュエルが!モンスターが!ゴゴゴー、ズバーン、ドワーとなっている!観ろ!観るのだ!フフフ、ハハハ、ワーハッハッハッハー!」と、思わずセリフが聞こえてきそうな海馬らしいメッセージを残した。

劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』
(c)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会