テレビ朝日にて10月より放送開始予定の「タイガーマスクW」の新キャラクターとして、新日本プロレスに所属する実在のプロレスラー・真壁刀義が発表。そのボイスを真壁本人が担当することが明らかになった。

作中の真壁刀義は現実と同じくスイーツ好きのプロレスラーという設定で登場。主人公であるタイガーマスクをスイーツ仲間と思い込むという、個性的な役柄となっている。
キャラクター設定画も公開されており、体格から表情、髪型までが細かく再現されている。トレードマークになっている首の鎖もそのままだ。

真壁は今回の発表に合わせてコメントを発表。「『タイガーマスクW』は俺様がもっとも期待している、新日本プロレスの仲間がいっぱい出てるアニメなんだ!」とアニメに期待を寄せている。
「ほかの選手は声優さんたちが丁寧な口調で吹き替えているんだけどよ、真壁刀義の個性あふれるこの地声は誰にも真似できねえって」と声に対する自信も見せると、「だから俺様のナイスな声で自らの役を演じるからよ、どんな声になってるか楽しみにしてくれよな!」と期待するファンにメッセージを送った。
作中の真壁は、放送開始から約1ヶ月が経過した第5話からの出演を予定している。登場する瞬間を期待して待ちたい。

今回は新キャラクターの情報にとどまらず、『タイガーマスクW』のエンディングをアニメーター・馬越嘉彦が担当することも明かされている。
馬越は『おジャ魔女どれみ』シリーズや『ハートキャッチプリキュア!』のキャラクターデザインで知られる人物。最近では『僕のヒーローアカデミア』のキャラクターデザインとしても活躍した。アニメファンからの支持も熱い馬越が『タイガーマスクW』のエンディングをどう仕上げてくるかも放送時に注目を集めるだろう。

『タイガーマスクW』
(C)梶原一騎・辻なおき/講談社・テレビ朝日・東映アニメーション