安彦良和がアニメ版をベースにコミカライズした『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』。それを原作にしたアニメの4作品目である『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』のプレミアム上映会の開催が決定した。
またあわせて2週間限定の全国15館でのイベント上映、Blu-ray先行販売、先行有料配信などさまざまな展開が発表された。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』は今まで4作にわたって制作されてきたシャア・セイラ編の完結編にあたる作品。今まで語られることのなかったシャアとセイラの幼少期が描かれた。
またその過程でザビ家の台頭や人気キャラクターランバ・ラルの若き日の活躍、そして今まで映像化されなかったキャスパル・レム・ダイクンがいかにしてシャア・アズナブルへと変貌していったかの過程など、ファンにとっては長年気になっていた本編の前日譚が描かれており、人気を博している。

今回、最速上映となるプレミアム上映会は11月5日に東京オペラシティ コンサートホールで開催される。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 赤の旋律 ―運命の前夜』と題され、カルテット(四重奏)の演奏と主要キャスト朗読で構成されている。出演者は原作の安彦良和をはじめ、池田秀一、早見沙織、渡辺明乃、喜山茂雄、潘めぐみ、森口博子と豪華な顔ぶれが登壇する。
プレミアム上映会以後、11月19日から全国15館でのイベント上映・Blu-ray先行販売・先行有料配信がスタートする。先行販売となるBlu-ray初回限定版は、イベント上映を実施する劇場ならびに、バンダイビジュアルクラブ、プレミアムバンダイ内バンダイビジュアルクラブ支店限定での販売となる。初回限定盤はもちろん豪華特典つきだ。安彦良和の飾れる収納箱、絵コンテ集&設定資料集、絵コンテ集&設定資料集、複製セル画&原画集などここでしか手に入らないアイテムが封入されている。

いよいよ壮大な前日譚の完結作となる本作。赤い彗星の新たな伝説を大スクリーンで観れる日はすぐそこまで迫っている。

(C) 創通・サンライズ