鳥獣戯画をもとにして、戦国武将を動物化させるというユニークな試みが話題を呼んでいる『戦国鳥獣戯画〜甲〜』。若手俳優たちのキャスティングが発表される中、本作のナレーションを担当するのが林原めぐみであることが今回発表された。
主題歌を担当するのは本作のオリジナルユニットである鳥獣GIGであることもこれにあわせて発表された。

「日本の歴史で戯れ、遊ぶ!?」をキャッチコピーとしている本作だが、主演の村井良大をはじめ、演出の住田崇、脚本の熊本浩武、土屋亮一など2010年から2012年に放送されていた『戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜』を制作していたメンバーが多数関わっている。
『戦国鍋TV』はユニークな切り口で戦国武将たちを題材に構成され、数多くの名物キャラクターたちを生んだ番組だけに、今回の『戦国鳥獣戯画』においても、武将たちがどんなキャラクターたちとなって登場するか興味深いところだ。

そんな中、ナレーションに林原めぐみという意外なキャスティングが発表された。「なんともバカバカしい展開のなかに、真実がある!歴史おたくが本気で作った遊びという名の学びを体感してください。いやあ〜勉強になるわあ...。つうか...ナレーション私でいいの?船田さん(笑)」と林原本人もキャスティングにやや戸惑いつつ?も本作を楽しんでいるコメントを寄せている。
本作のテーマソングはオリジナルユニット鳥獣GIGが担当する。墨絵アニメとのギャップが際立つ電波系ソングとなっている「GKJ(=下克上)でおかしちゃえ!」。前述の『戦国鍋TV』でも武将たちに扮した若手俳優たちがさまざまな曲を提供したことから話題を呼んだが、この鳥獣GIGも一筋縄ではいかないユニットのようだ。

現在、SNSで本作の信長、秀吉、家康のオリジナルスタンプを制作中とのことで、様々な展開が期待される本作。10月8日から随時放送予定だ。

『戦国鳥獣戯画〜甲〜』
KBCテレビ10/8(土)スタート 深夜1:42〜深夜1:47
tvk10/9(日)スタート 午後11:55〜深夜0:00
テレ玉10/12(水)スタート 深夜2:00〜深夜2:05
チバテレ10/9(日)スタート 午後9:55〜午後10:00
サンテレビ10/14(金)スタート 午後7:55〜午後8:00

(C)「戦国鳥獣戯画」製作委員会